管絃祭のスケジュール

8/1にあった管絃祭のスケジュールを書いてみます。

日時 旧暦6月17日
※2015年は8月1日(土)

場所 嚴島神社 及び 周辺

◆予定時刻

発輦祭[はつれんさい]・・・ 16:00

御本殿出御・・・ 17:00

大鳥居前の儀・・・ 17:40

火立岩[ほたていわ]・・・ 19:00

地御前神社・・・ 20:20

長浜神社・・・ 21:40

大元神社・・・ 22:30

火焼前[ひたさき]・・・ 23:10

客神社前・・・ 23:30

御本殿還御・・・ 24:00


スポンサードリンク



 

単純に厳島神社と地御前神社を往復する
わけじゃないんですよね。


17時に厳島神社の本殿を出発した後に
地御前神社に到着するのは20:20です。

その後は厳島神社に直行するわけじゃなく
花火大会などで穴場の清盛神社近くの
大元神社に向かいます。

本殿に帰るのは24時。
神様が自分の居場所に戻るまで
優雅な舟遊びです。

京の貴族の雅な「管弦の遊び」が
平清盛によって舞台は池や川から
瀬戸内海の海へと大仕掛に変わりました。

それも神事としてです。

平安時代には島全体が神の島とされていたので
人が住むことが出来ませんでした。

神様が乗る御座船を造りぼんぼりや提灯など
明かりをともして瀬戸の海を渡ります。

管弦を合奏しながら宮島の対岸にある
地御前神社に向かいます。

宮島に戻ってからは長浜神社や大元神社で
祭典を行い大鳥居をくぐってから
客神社前で祭典と管弦です。

狭い枡形の中で御座船が3回廻るのですが
ここで腕の見せどころです。
かなり狭い所でダイナミックな見せ場です。

満月の夜に行われる神事。
神秘的な感じです。
宮島に宿泊する人は船の時間を
気にする事はありませんが、
本土に戻ろうとすると船に必ず
乗らないといけません。

花火大会の時もなのですが
管絃祭の日は臨時便が出ています。

2015年の宮島発で帰る時間帯の臨時便は
以下の通りでした。

管絃祭を最後まで見ようと思ったら
やはりどこかの宿を予約しておいた方が
良いですよ。
◆管絃祭当日臨時便

松大 宮島発 22:00 22:30 23:00 23:30
JR  宮島発 22:10 22:25 22:40

 

船で思い出しましたが、
「たのもさん」という伝統行事が9月13日の
夜に宮島でありました。

五穀豊穣に感謝して子供の成長への
願いを託して小舟を海に流します。

「たのも船」という小さな船を造って
家内安全など提灯や帆に書いたりします。

こちらの方は旧暦の8月1日にありますが
国の無形民族文化財になっています。

 


スポンサードリンク



 

スポンサードリンク

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
ひまわり証券でFXを

このページの先頭へ