カテゴリー別アーカイブ: 行事

管絃祭のスケジュール

8/1にあった管絃祭のスケジュールを書いてみます。

日時 旧暦6月17日
※2015年は8月1日(土)

場所 嚴島神社 及び 周辺

◆予定時刻

発輦祭[はつれんさい]・・・ 16:00

御本殿出御・・・ 17:00

大鳥居前の儀・・・ 17:40

火立岩[ほたていわ]・・・ 19:00

地御前神社・・・ 20:20

長浜神社・・・ 21:40

大元神社・・・ 22:30

火焼前[ひたさき]・・・ 23:10

客神社前・・・ 23:30

御本殿還御・・・ 24:00


スポンサードリンク



 

単純に厳島神社と地御前神社を往復する
わけじゃないんですよね。


17時に厳島神社の本殿を出発した後に
地御前神社に到着するのは20:20です。

その後は厳島神社に直行するわけじゃなく
花火大会などで穴場の清盛神社近くの
大元神社に向かいます。

本殿に帰るのは24時。
神様が自分の居場所に戻るまで
優雅な舟遊びです。

京の貴族の雅な「管弦の遊び」が
平清盛によって舞台は池や川から
瀬戸内海の海へと大仕掛に変わりました。

それも神事としてです。

平安時代には島全体が神の島とされていたので
人が住むことが出来ませんでした。

神様が乗る御座船を造りぼんぼりや提灯など
明かりをともして瀬戸の海を渡ります。

管弦を合奏しながら宮島の対岸にある
地御前神社に向かいます。

宮島に戻ってからは長浜神社や大元神社で
祭典を行い大鳥居をくぐってから
客神社前で祭典と管弦です。

狭い枡形の中で御座船が3回廻るのですが
ここで腕の見せどころです。
かなり狭い所でダイナミックな見せ場です。

満月の夜に行われる神事。
神秘的な感じです。
宮島に宿泊する人は船の時間を
気にする事はありませんが、
本土に戻ろうとすると船に必ず
乗らないといけません。

花火大会の時もなのですが
管絃祭の日は臨時便が出ています。

2015年の宮島発で帰る時間帯の臨時便は
以下の通りでした。

管絃祭を最後まで見ようと思ったら
やはりどこかの宿を予約しておいた方が
良いですよ。
◆管絃祭当日臨時便

松大 宮島発 22:00 22:30 23:00 23:30
JR  宮島発 22:10 22:25 22:40

 

船で思い出しましたが、
「たのもさん」という伝統行事が9月13日の
夜に宮島でありました。

五穀豊穣に感謝して子供の成長への
願いを託して小舟を海に流します。

「たのも船」という小さな船を造って
家内安全など提灯や帆に書いたりします。

こちらの方は旧暦の8月1日にありますが
国の無形民族文化財になっています。

 


スポンサードリンク



 

管弦祭をドアップで見るには

管弦祭は厳島神社のメインイベントです。

★ポスターはコレなんですがガラスに光って写ってる?

管絃祭ポスター

 

★厳島神社はコチラの入り口から入ります。

昔は反対側から入っていたみたい。

宮島の西側には神社に勤めている人達が住む

滝町などがあり、神主さんもそこに住んでます。

神社入口

 

★今年の8月1日はとても暑くて天気良すぎな感じ?

枡形

★この写真の奥に見えている枡形の所で船が回転します。

 

江波船

★対岸の地御前神社前に先導の船が着きました。

 

どアップで身近に見られるのは地御前神社前ですね。

管絃祭は満月の夜に繰り広げられる神様の遊び。

船に乗って何人もの供を連れて音楽を聞きながら

海を渡るんですから贅沢な神事です。

地御前神社に到着

★広島市中区江波の人達や呉市の阿賀から毎年この神事に誇りを持って参加です。

 

祝詞

★月夜に優雅な音色が流れる中で神官達が祝詞もあげています。

 

地御前神社前は国道2号線が通っているので、横断歩道を渡って

神社前の海に出られる階段から写真を撮ってます。

海が満ちて来て船が1メートル手前位に見えてます。

 

こんなに神様が近くで見られるのって無いと思うよ。