タグ別アーカイブ: 厳島神社

宮島の紅葉は今が見頃!おすすめコース【写真満載】

紅葉の季節におすすめの歩くコースをご紹介です。
ざっと見る場合のコースを書いてみますね。

神社好きな私としては厳島神社は必ずお参りです。

※厳島神社案内図 出典:るるぶFREE 春/夏号
厳島神社案内図

 

●宮島桟橋を出て商店街を通り厳島神社へ

●神社の出口を出ると大願寺

●大願寺から海側の道を通って清盛神社

●清盛神社から水族館

●水族館から山道を通り大聖院

●大聖院を出て紅葉谷公園

●紅葉谷公園から裏通りを通って桟橋

 

宮島の紅葉の見頃は11月です。
その年の冷え込み具合によって違いますが
2016年の場合は11月中旬。

まさに今が見どころという事で11月13日
宮島に行ってきました。

船に約10分乗っていたら宮島に着くので
あっという間です。

到着して桟橋を出ると石灯籠も歓迎です。

石灯籠も歓迎

広場になっているので観光客のツアーの人達が
何組も集まっています。
昔から宮島は外国人観光客がたくさん来ています。

●宮島桟橋下りて右側へ向かって商店街を通り厳島神社へ

広場では催し物をしているようです。

100円で木の細工販売
100円で木工細工が売っていましたが
それを横目に見ながら海沿いの道を行きます。

商店街を食べながら歩こうとミヤトヨで今だけ限定
スイートポテトの「もみじまんじゅう」を購入。

スイートポテトのもみじまんじゅう

妹はチーズ入りを買って食べ比べ。
私の好みはチーズかな。

第22回全国菓子大博覧会で内閣総理大臣賞を
受賞しているようですね。

もみじまんじゅうを食べながら商店街を
歩いていると宮島で挙式をする場合の
案内所がありました。

 

宮島で挙式

そう言えば妹は厳島神社で挙式してます。

錦水館は宮島では有名です。
懐かしくレトロな感じですよね。

レトロな錦水館

「牡蠣屋」は牡蠣と豊富なワインが
人気になっています。

牡蠣屋

商店街を抜けると石鳥居。
松原を歩いていると朱塗りの大鳥居が
海の中に建っています。

大鳥居

道なりに歩いていくと厳島神社入口です。

厳島神社入口

入口で手水所で手と口を清めて
「世界文化遺産」「国宝厳島神社」の前で
記念撮影する人も多いですよ。

世界文化遺産

国宝厳島神社

 

世界遺産登録は1996年で今年2016年なので
登録されて20年です。

■客神社(まろうどじんじゃ)
入り口を進むと客神社で五男神を
祀っています。

客神社

神社の祭事はここから始まります。

■東回廊を進むとコの字の形で満潮の時は
大鳥居の方を見ると撮影スポットとして人気です。
管絃祭の時はここを船が回ります。

大鳥居と反対側を見ると五重塔と千畳閣。
鏡の池は干潮時に現れて絶えず清水が
湧くと言われています。

鏡の池と五重塔

■卒塔婆石(そとばいし)の向こうには
トイレの建物が見えるのですが
その横から奥に続いているのは社務所へ続く
連絡通路です(通ってはいけませんが)

卒塔婆石

■御本社(ごほんしゃ)には三女神が祀られています。

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
田心姫命(たごりひめのみこと)
湍津姫命(たぎつひめのみこと)

御本社

本殿の床は広く、ご祈祷を受ける時には
ここでお参りになります。

御本社の拝殿

■高舞台では舞楽が演じられます。

高舞台
向こうに見えるのは豊臣秀吉が
作らせて途中になった千畳閣や五重塔。

■大国神社には、大国主命(おおくにぬしのみこと)
田心姫命と結婚しているため御本社近くに
祀られているという説もあるようです。
縁結びの神様として女性に人気なんですよ。

大国神社

■天神社は菅原道真公を祀っています。
学業の神様なので受験に関する絵馬が多く
奉納されています。

天神社

西回廊を歩いていると今の時期は
写生大会の入賞作品が飾られています。
私も銀賞や銅賞は受賞した記憶がありますね。

■反橋(そりばし)が見えてきます。

反橋
勅使が渡っていたそうですが今は入れないように
柵があり渡ることは出来ません。

■能舞台が右に見えますが日本で唯一の
海に立つ舞台だそうです。

能舞台

毎年4月16日から3日間ほど桃花祭神能が
奉納されます。
小学校の授業で見に来た覚えがありますよ。

■宝物館と二重の塔が神社出口から見えます。

宝物館と二重の塔

 

■大願寺は神社出口からすぐの所にあり
たまに猿回しの人がいたりします。

大願寺

真言宗のお寺で厳島弁財天が安置されています。
境内には伊藤博文が植えたとされる
松がありますよ。

伊藤博文さんは宮島が好きだったようで
何度も足を運んでいます。

■清盛神社は大願寺から海側に向かって
松原を歩いていくと見えてきます。

清盛神社

宮島では毎年8月に花火大会があるのですが
この近くで見るようにしています。

隣のお茶屋さんでゴザの貸出(有料)が
ありますしトイレも近くにあり
ゆっくりと見ることが出来るんですよ。

●水族館は清盛神社の近くです。
赤くなっている木の道路を挟んで反対側にあり
バスも数本ですが通っています。

宮島水族館

メープルライナーと言いますが桟橋から水族館行きも
あるので子供連れの人は商店街を歩かずコチラから
見て歩くのも良いですよ。

バス時刻表

●二重の塔は水族館から山道の方に入り
左の方向に歩いていきます。
一般車は出入りする事が出来ません。

都市公園

 

大元公園の手前で山の方へ歩いていきます。

少し山の方へ

鹿と紅葉は絵になりますね。

鹿と紅葉

二重の塔から海方向を見ると見晴らしがよく
神社や千畳閣も見渡せます。

二重の塔

●大聖院は真言宗のお寺で空海が宮島に渡り
弥山の上で修行をしたそうです。

大聖院の紅葉

宮島で紅葉が綺麗でおすすめ場所は大聖院。

大聖院の紅葉

 

弥山の登山コースは主なのが3つあり
大聖院コースは約1時間40分かかります。

大聖院に向かって左側の道を上っていくのですが
このコースは階段が多く結構大変でした。

紅葉谷コースは所要時間約2時間で
登るとしたらコチラがおすすめになります。

●紅葉谷へ行くのは大聖院の門を下り
滝町筋を下っていきます。

大聖院を下りる

交差点で、もみじまんじゅうの岩村がありますが
お値段も90円と安く美味しいという事で人気です。

お客さんも多く私も粒あんの「もみじまんじゅう」
を食べながら右に向かう山方向に進みます。

紅葉谷公園

紅葉谷は砂防庭園になっていて
災害が起きた後に大規模な工事をして
今の形になっています。

紅葉

●町家通りは紅葉谷から下りて
商店街の一つ山側の通りになります。
静かな通りで風情がありますよ。

●桟橋へ戻るには町家通りを歩いて
トンネルを通って下ります。

「厳島ひょう猫の森」は最近できたようで
テレビでも紹介されていました。

厳島ひょう猫の森

猫やふくろうで癒される場所に
なっているようです。

この建物は桟橋すぐ前になるので
簡単にぐる~っと宮島の中をまわった事に
なりますね。

もっと時間がある人はお泊りして
弥山山頂に登ったりするのも良いですよ。

伊藤博文さんおすすめの宮島です。

歴史好きやお金が好きな人は
この名前を知らない人はいませんね。

宮島をじっくり見る場合はお泊りが良いですよ。

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

 

厳島神社の祭神は女性です。

色白の美人になりたい人は、まずは自力で
美白とシミ消しコスメ試してみて最終的に
神頼みという事で神様にお願いしてみては?

管弦祭をドアップで見るには

管弦祭は厳島神社のメインイベントです。

★ポスターはコレなんですがガラスに光って写ってる?

管絃祭ポスター

 

★厳島神社はコチラの入り口から入ります。

昔は反対側から入っていたみたい。

宮島の西側には神社に勤めている人達が住む

滝町などがあり、神主さんもそこに住んでます。

神社入口

 

★今年の8月1日はとても暑くて天気良すぎな感じ?

枡形

★この写真の奥に見えている枡形の所で船が回転します。

 

江波船

★対岸の地御前神社前に先導の船が着きました。

 

どアップで身近に見られるのは地御前神社前ですね。

管絃祭は満月の夜に繰り広げられる神様の遊び。

船に乗って何人もの供を連れて音楽を聞きながら

海を渡るんですから贅沢な神事です。

地御前神社に到着

★広島市中区江波の人達や呉市の阿賀から毎年この神事に誇りを持って参加です。

 

祝詞

★月夜に優雅な音色が流れる中で神官達が祝詞もあげています。

 

地御前神社前は国道2号線が通っているので、横断歩道を渡って

神社前の海に出られる階段から写真を撮ってます。

海が満ちて来て船が1メートル手前位に見えてます。

 

こんなに神様が近くで見られるのって無いと思うよ。

 

厳島神社は宮島観光のイチオシです

厳島神社は日本全国に約 500社ある厳島神社の総本社で、
安芸の国の一宮になります。

厳島神社と千畳閣

祭神は宗像三女神と総称される女性の神様たちです。
市杵島姫命 (いちきしまひめのみこと)
田心姫命 (たごりひめのみこと)
湍津姫命 (たぎつひめのみこと)

厳島は神の住む島として禁足地とされ、鎌倉時代頃までは
宮島の対岸にある地御前神社(外宮)において主な祭祀が
行われていました。

昔だったら宮島の中には入れないって事ですよ。
それだけでパワースポットって感じがしませんか?
何だか目に見えない結界が存在している気がします。

厳島神社がある場所は広島県廿日市市宮島町1-1です。
平成の大合併で広島県佐伯郡宮島町の住所から
廿日市市宮島町に変わっています。

船に乗って約10分。
宮島の中へ一歩足を踏み入れるとそこは神の存在する
厳島になります。

神社好きな私と一緒に宮島の中を散歩してみませんか?
近いうちに、きっと最強の開運を手に入れると思いますよ。

このサイトでは宮島に関する事や神社に関する事を
クイズも交えてご紹介していく予定です。

ご当地検定の「宮島検定」に出てくる問題などですから
検定を受ける予定の方には参考になるかもしれませんよ。

厳島神社以外にも旅行に行った時には色々な神社の
写真アップしていきますのでお楽しみに~。