厳島神社の西廻廊には宮島写生大会などの展示も

厳島神社 西廻廊

■厳島神社 西廻廊から大鳥居を見る■

 

 

厳島神社の西廻廊は大国神社、天神社、反り橋、能舞台の順に繋がっています。

 

西廻廊も写真を見ていただけたらわかるように長い回廊になっています。

 

厳島神社・西廻廊と能舞台

■厳島神社・西廻廊と能舞台■

 

 

 

厳島神社の西廻廊には時々、色んな大会の入賞した作品などが展示されています。

 

 

「中国新聞」は、広島県の地元に関する記事や広島カープの記事などが多いので広島県民の人が良くよむ新聞です。

 

その中国新聞の2021年11月26日(金)の記事に「第98回 宮島写生大会」の記事が出ていました。

 

「光る感性 宮島写生大会」

 

56人入選 厳島神社西廻廊 きょうから展示

 

宮島写生大会・2021年11月26日中国新聞掲載記事

■2021年11月26日 中国新聞掲載記事■

 

 

画像の文字が小さいので、中国新聞で書かれていた掲載記事内容を紹介してみますね。

 

第98回宮島写生大会(宮島観光協会、中国新聞社主催)が10月31日(日)、廿日市市宮島町でありました。
幼児から高校生までの164人が世界遺産・宮島の名勝を描き56人が入選しました。
入選作品は26日(金)から12月12日(日)まで、廿日市市の厳島神社西廻廊で展示します。
入選者は次のみなさんです。

 

入選された方の一部をご紹介してみますね。

【広島県知事賞】藤縄はるる(安小2)、【廿日市市長賞】門田直剛(比治山小2)・・【厳島神社賞】増本陸斗(井口台中3)、【宮島観光協会賞】原梨沙(あい保育園広島大学前)、【NHK広島放送局賞】藤縄あのん(AICJ中1)・・・。

 

幼稚園など小さい子から高校生まで、楽しそうな絵が沢山選ばれています。

 

 

私が宮島にいた頃こんなに色んな賞があったのかは記憶にありませんが、私も入選した記憶があったので宮島写生大会の賞状を探したらありました。

 

宮島写生大会の賞状

■宮島写生大会の賞状■

 

とても昔の事ですが神社の回廊に貼ってあるのが嬉しかった記憶があります。

 

もちろん書く時も楽しんで書いていた記憶があるのですが入選するとまた違いますよね。

 

 

 

こちらは2021年11月4日に行った時に、厳島神社の西廻廊(能舞台のすぐ近く)に展示がされていたものです。

 

第37回 宮島全国短歌大会 入選作品

■第37回 宮島全国短歌大会 入選作品■

 

広島県知事賞・日本歌人クラブ賞・広島県歌人協会賞・・・などの賞があるようです。

 

展示されていたものを一つ御紹介してみますね。

 

【広島県知事賞】
すきとほるつばさを 持つよペダル漕ぐ 車輪がふっと 軽くなる時
広島 森脇淑子

 

宮島全国短歌大会は毎年開かれているようです。

 

短歌について知識があまりない私ですが、短歌が好きな方にとってきっと入選し展示されるのは励みになりますよね。