宮島のカフェは隠れ家の様なお店も素敵です

宮島の中には隠れ家のようなカフェもあるんです。

 

表参道商店街の中にあるカフェだとすぐに見つけられるけど、それだと面白くないですよね。

 

宮島には表参道商店街と平行して「町家通り」という少しレトロな通りもあるんです。

 

町家通り

 

町家通りに限らないのですが

 

「えっ!この小道を通っていくと本当にお店があるの?」

 

そんなカフェを見つけた時は宮島通になった感じがしてチョッと嬉しいかも?

庭カフェ 御山は宮島の町家通りにある隠れ家のようなカフェ

庭カフェ 御山(みやま)には妹と何度か行ったけど、2022年の春もお雛様の季節にランチメニューです。

 

ひな祭りの時期に庭カフェ 御山

ひな祭りの女性たちがビール飲んでる!

 

4月1日に妹と行って「みやじま雛めぐり」のイベントで色んなお雛様たちを楽しめました。

 

おみやげ屋さんだけでなく食事処でもそれぞれのお店に合った飾り付けです。

 

庭カフェ御山:広島県廿日市市宮島町中之町表527-2
電話:0829-44-2777
定休日:火曜

 

ランチ11:00~14:00
カフェ14:00~17:00
ディナー17:00~20:30

 

この日の日替わりおばんざいランチは油淋鶏

 

メイン料理とお味噌汁、小鉢が3つと香の物があって1,000円(税込1,100円)

 

美味しくて、しかも身体に優しい味付けで観光地にしてはお得感のあるランチメニューです。

 

これは行かないともったいないですよ。

 

庭カフェ 御山のランチ

 

限定数との事なので、なくならない内に行かないとね。

 

庭カフェ 御山の日替わりランチ

 

一般的に観光地の食堂などは人が多くワイワイガヤガヤは当たり前です。

 

お値段もそれなりに高いですよね。

 

宮島名物の「あなご飯」も美味しいのですが、値段は2,000円台が普通です。

 

 

ですが大人女子であれば静かに落ち着いて食事を楽しみたいという女性もいますよね。

 

自宅でも再現できそうな気がする「おばんざいランチ」は身体に優しい野菜たちを使ってヘルシーです。

 

料理が上手とは言えない私にとっては再現は難しいかもしれないけど・・・。

 

見た目にも色んな料理が少しずつ食べられるランチメニューは楽しい♪

 

店内にあるピアノとお雛様たち

■店内にあるピアノとお雛様たち■

 

 

私達が行った時には、40代位と思われる女性6人のグループや20代カップル、30代位のファミリーなど。

 

色んな年代の人が来ていました。

 

どこで隠れ家的なここ「庭カフェ御山」を知ったのかな?

 

店内はおしゃれで、テラス席もあり庭がすぐなので以前来た時には小さな子どもたちが楽しそうに行き来していました。

 

店内からテラス席を見ると

■店内からテラス席を見ると■

 

前回行った時はこのランチ

 

前回の時のランチ

 

 

カフェなので、もちろん可愛くて美味しいケーキ達も揃ってます。

 

庭カフェ 御山のケーキ

 

ふわふわとした可愛いシフォンケーキは大人女子もきっと大好きなはず。

 

シフォンケーキ

 

 

 

アイスコーヒー頼んだって事は、この日は暑い時に行った時の写真かな?

 

アイスコーヒーとケーキ

 

 

 

庭カフェ 御山は町家通りにあるのですが、ぼ~っと歩いていると入り口を見逃す可能性があります。

 

「えっ!この小道を通っていくと本当にお店があるの?」と思っちゃいますが、本当にここから行けるんです。

 

庭カフェ 御山の入り口

 

風が吹いてきてちょうど暖簾がヒラリと上がって奥に小道が出現です。

 

暖簾に描かれているロゴも素敵で宮島の花である「あせび」が可愛い。

 

あせびの花

あせびの花

 

ピンク色のあせびの花

 

 

奥に進むと鹿よけのドアがあり、そこを開けていくと庭が見えてきます。

 

庭カフェ 御山の庭

 

 

私たちは「おばんざいランチ」を食べたのですが、ガッツリステーキが食べたいって人は黒毛和牛ステーキ定食もありました。

 

黒毛和牛ステーキ、サラダ、味噌汁、小鉢3つ、香の物、ご飯で2,400円(税込2,640円)

 

庭カフェ 御山の和牛ステーキ定食

 

旦那さんなどスポンサーがいる場合は、こっちにするのも良いかもね。

 

やっぱ広島じゃ割のクーポン

 

庭カフェ 御山でも、やっぱ広島じゃ割のクーポンが使えるように案内ボードに貼ってありました。

 

広島県民で利用できる人は、せっかくだからクーポン使いましょう!